青梅線201系写真集

  • T19編成 クハ200-22
    私のサイト「Light memory of "Kokuden"」にアップできないままでいる写真たち(ただの私の怠慢ですが…)を、ここでちょっぴり公開します。

こまねこ

こまちゃんCMデビュー♪

  • カコナール2V顆粒

お気に入りブログ&サイト   (いろいろ)

にほんブログ村

カテゴリー「動物・昆虫」の9件の記事

2014年6月 8日 (日)

大宮総合車両センター185系 横浜線での並び!! などなど

いやぁ、クソ忙しかった年度替わりのモロモロが、ようやっとひと段落happy01

愛方さんもちょっぴり余裕が出来たのか、最近何だか手品に凝ってらっしゃるようでdramashine
しかもその手品、スティックから花がびよ~んと出てくるような、しょーもないものではなく、そこそこプロっぽい感じのやつなので、何だか腹立つbleah
100円玉が瞬間移動したり、手を貫通したり、ペンがグシャッとなくなったりと、どれもこれもタネがわからんちんbearing
どこで覚えたんじゃsign02

と言うことで (どういうことsign02) 、今日は横浜線185系の並びに行ってきましたdash
ホントは、昨日行きたかったのですが、えらい雨rainだったので仕方なくの今日です…

まずは、「はまかいじ」の送り込みを撮ろうと、高島貨物線にやって来ると、何と何と東高島にゲッパがおりましたeye
臨8094レでのロクヨンとの並びを期待しますが…

20140608_01ザンネンdown ももたろーcrying
(田端運転所 EF65 1118 / 新鶴見機関区 EF210-162 東高島)

そんでもって送り込みの185系は、いつも千鳥橋踏切ばっかりなんで、たまには違うアングルで、と思い…

20140608_02廃線跡と絡めてみましたが…何ともかんともcoldsweats01
(大宮総合車両センター185系 B3編成 クハ185-205他6連 鶴見→東高島)

さて、急いで中山へ向かいますrun
今日のお目当ては、折り返し停車している修学旅行臨185系を、はまかいじ号の185系が追い抜いて行くところなんですが…うまく撮れるのかどうかcamera

20140608_03八王子方は、スペースがないので、広角でのっぺりな感じになっちゃいますsweat01
(大宮総合車両センター185系 B2編成 クハ185-304他8連 中山)

あれこれ思案した挙句、やむなく東神奈川方から撮ることにしました。
が、雨がしとしと降っているし、建物の影なので真っ黒けっけnewmoon

20140608_04こんな感じで精一杯crying (大宮総合車両センター185系 B3編成 / B2編成 中山)

あ、そうそう。
巷のウワサだと、185系は全てオリジナルのストライプ塗装になるんだとかhappy02
となると、はまかいじ号も青梅線の団臨も、斜めシマシマで活躍する姿が見られるので、個人的には超ウレシイことでありまするhappy02up
これからは、逆にこのブロック塗装が貴重になっちゃうんですね。

この後、ブラブラしながら横浜線を撮ろうかと思っていたのですが、雨が止みそうにないので、仕方なく駅撮りしながら八王子方面へ移動することにしましたcamera

20140608_05E233系も、だいぶ増殖してきましたねsign01
(鎌倉車両センターE233系 H009編成 クハE233-6009他8連 中山)

20140608_06この色も、なかなか似合ってると思いますhappy02
(鎌倉車両センターE233系 H004編成 クハE233-6004他8連 十日市場)

ん…205系sign02
そうですよねぇ。夏までにちゃんと撮っておかないといかんですよねぇ。
でも、何でこうも萌えないのかなぁdown
一応撮ってみた。

20140608_07しかしまあ、駅撮りは楽しくないデスdespair
(鎌倉車両センター205系 H8編成 クハ205-68他8連 相原→八王子みなみ野)

調べてみると、八王子から折り返してくる↑この電車と、東神奈川からやって来る205系が、どうやら八王子みなみ野と片倉の間で離合するようです。
ちょっくら狙ってみますかhappy02 

おとなり、片倉まで移動しましてdash

20140608_08まずは、八王子からのH8編成が到着。
(鎌倉車両センター205系 H8編成 クハ204-68他8連 片倉)

これが出発してしばらくすると、向こうからH28編成がやって来るのですが…

20140608_09びみょ~~~~~~sweat01
(鎌倉車両センター205系 H8編成 / H28編成 片倉~八王子みなみ野)

ま、いいかbleah

せっかくなので、このH28編成に乗って八王子へ。

20140608_10何となくのショット。(八王子)

ここまで来たついでに高尾wink

20140608_11突如、お兄さんが前に立ちはだかりましたがsweat01 駅だからしょうがないかぁweep
(高崎機関区 EH200-12 高尾)

20140608_12 なので、115系の並びを天狗で撮り直しscissors
(豊田車両センター115系 M11編成 + M5編成 / M4編成 + M8編成 高尾)

天狗パンを買って帰りましたとさ。(この天狗パン、きなこのあんこがやったら甘くて、かなり胃にもたれました。キモチワルイcrying)

■おまけ

20140608_13我が家のカブトムシさんたち。幼虫が9匹いらっしゃいましたが、このたびめでたく7匹が成虫になられているのを確認good 残りの2匹も頑張れ~sign03
なかなか可愛いですよぉheart04

2013年11月24日 (日)

今日のニャンコ♪

Sn3u04200002愛方さん曰く…

 「全国の女子高生のみなさ~んsign03 今週のビックリドッキリメカ、はっし~~~んdash

って言いそうな顔してるそうなcoldsweats01 (年齢バレるっちゅうにsweat01)

それでは、ポチッとなぁgood

2013年8月 1日 (木)

珍事!? それともミステリー??

今朝、職場の車で国道16号線を軽快に走っているときのことですbusdashdash

フロントガラスに違和感を感じて、何気に右上の方を見てみると…

 「かっ、かっ、かっ…カブトムシぃぃぃぃぃぃぃぃ※♯Д☆◎÷§w( ̄△ ̄;)w」

ええsign01 60km/hぐらいで走行中の僕と、ツノがニョ~ンと伸びたつぶらな瞳のカブトムシと、思いっ切り目が合ったのでしたeye

いくら相模原が田舎だとは言え、一応、天下の往来国道16号ですよ。まさか車にカブトムシがひっつくとは思いもしませんでしたsweat01 きっと対向の車の人たちは、「あいつ、車にカブトムシついてるしぃ~happy02」とお思いだったことでしょう。

まあ、とにかく事故らなくてヨカッタgood

20130801_01無事に確保し、職場の人に持って帰ってもらいましたとさshine

2011年8月12日 (金)

高島貨物線♪ だけど猛暑…

いよいよ今日から夏休みheart04

何だかここ数か月、ホント胃の痛ぁ~い毎日でしたcrying
おかげで、心身ともに疲れ切っておりましたので、この夏休みは思いっ切り弾けてやるぞぉ~happy02shineと言うことで、癒し第一段は高島貨物線dash 完全ハマってますsweat01

出発は、もちろんsign02横浜線の始発電車scissors
しかし、いつもと雰囲気が違います。
とにかく人が多いsign01 座席は完全に埋まっており、そこそこ立っている方々もbearing
しかも、普段はあまりお見かけしないお子様のお姿や、中には、サラリーマンらしき方もお見受けいたします。サラリーマンのみなさまは、節電の影響で、早出出勤する方々なんでしょうかね。お疲れ様ですhappy01

そして、マリノスタウン横の歩道橋に到着。
狙うはもちろんsign01PF+ロクヨン1000の重連貨物sign03

でしたが…

20110812_01も、も、モモタローcrying しかも後ろは、原色でオリジナルプレートのEF64 1050down
(吹田機関区EF210-141 + 愛知機関区EF64 1050 8094レ 桜木町→東高島)

家に帰ってきてわかったのですが、この桃太郎は吹田の機関車だったんですね。本来、新鶴見持ちの仕業なので、これはこれで珍しいんでしょうかsign02

そして、みなとみらい大橋へ。ここからは、うっすらとベイブリッジが見えていますので、どうにか絡めて撮ろうと努力してみますが…

20110812_02カメラが悪いのか、腕が悪いのか、はたまたカメラも腕も悪いのかgawk <<ソレハイワナイデsweat01
(高崎機関区EH200-?? 8588レ 東高島→桜木町)

こんなんが限界でしたweep

身体を振ってもう一枚camera

20110812_03朝陽に照らされる近代的空間の中を、ゆっくりゆっくりと走り去って行きましたdash

さてさてこの後どうしようか、ポートサイド公園のベンチに座り考えていると…

 「ミ~ン ミン ミ~ン」

20110812_04ミンミンゼミ発見eye アブラゼミは良く見ますが、ミンミンゼミはかなり久しぶりに見た気がしますhappy02

そんでもって今後の予定デスmemo
この時点 (clock7時30分) でかなり暑いsun 30度は楽に超えていそう…
なえそうになりながらも、とりあえずコットンハーバー方面へ歩き始めました。

少し時間がありますので、死ぬほどスポーツドリンクを飲んだり、サンドイッチやたまご食べて塩分を補給したりして、熱中症対策に備えますbread

20110812_05そうこうしていると、ブルサン登場。
(高崎機関区EH200-?? たぶん8588レの返しですsweat01 東高島→鶴見)

20110812_06お次は岡山の桃太郎。これぞ本家本モモcoldsweats02
(岡山機関区EF210-2 1153レ 鶴見→東高島)

この後は、お待たせしましたsign01PF登場ですscissors

が…

20110812_07たんたん単機ぃdown 短気は損気ぃdowndown <<意味不明
(新鶴見機関区EF65 1093 単8760レ 鶴見→東高島)

ホントはここで帰る予定でしたが、どうにもこうにもPFに消化不良でしたので、PF折り返しの5160レまで粘ってみることにしました。ええ、もちろんここでも死ぬほどスポーツドリンク飲んでますcoldsweats01

時間がかなりあるので、コットンハーバーあたりを少し散策。

20110812_08若いハクセキレイがこちらを見ていました。おなか空いてるのかなsign02

で…

ふと運河に目をやると…

何やら得体の知れないものが…

20110812_09よ、妖精sign02

あまりの暑さに、いよいよ幻覚でも見え始めたのかと思いきや、どうやら実在されているようでsweat01 しばらく観察してみましたが、まったく何だかわかりません。羽みたいなのを広げたり閉じたりしながら、フワフワした感じで泳いでおりましたfish

話を高島貨物線に戻しまして…

撮影できる場所が限られているので、どうしても同じような写真になってしまいますが、どうにかいろいろなアングルで撮れないか模索してみます。

だって、時間はたっぶりありますものぉcrying

そしてコレ。

20110812_10もっとアップでもヨカッタかなぁcoldsweats01 次回の課題ですね。って、また行く気マンマンやんsweat02
(新鶴見機関区EF210-173 単92レ 東高島→鶴見)

そして、お目当ての5160レを待ちますが、待てど暮らせど来やしませんweep でも、「さっきPF下って行ったしなぁ」と、とにかく帰ってくるのを信じていると…

20110812_11定刻より20分ぐらい遅れてやって来ました。もしかして節電ダイヤsign02
(新鶴見機関区EF65 1093 5561レ 東高島→鶴見)

20110812_12ついでに (失礼…) 岡モモの戻りもrecycle
(岡山機関区EF210-2 4091レ 東高島→鶴見)

本日この後、こまちゃんがディレクションする「TOKYO KINDER FILM FESTIVAL」へ行くので、これにて撤収です。その記事は→■コチラ←

高島貨物線、夏休みにまた来よぉ~っとhappy01shine

2010年9月15日 (水)

ハチドリ…!?

今日の夕方、職場のお庭 (と言うほど広くはないですがsweat01) を見ると、何か怪しげなものが飛んでいらっしゃるではありませんかhappy02

よくよく観察してみると、それはどう見ても"ハチドリ"coldsweats02

職員を全員呼び出し、そりゃもうみんなで大騒ぎscissors
もちろん携帯ですが写真も撮りましたcamera

それがコチラ↓

20100915_01何だか長い口ばしで、お花の蜜を一生懸命吸ってらっしゃいますhappy01

その姿はとても…

20100915_02愛ら…し…いsign02 です…よ…ねsweat02

ハチドリと言う割には、何だか昆虫くさいヤツだなぁcoldsweats01なんて、ちょっと思ったりしてましたが、真面目にハチドリだと信じていましたので、大・大・大満足でご帰宅した僕houseshine

そして今。

ブログにアップしようと、意気揚々写真を取り込みました。しかも、愛方さんに写真を見せながら、「これがハチドリたぜぇ~い」と得意気に解説をかましたりしてましたgood

念のため記事にする前に、このハチドリの詳細をネットで検索してみるとpc 20100915_03

おやおやおや~sign02
大泉君、これは…「ハチドリ」ではありませんねぇsweat01
(↑水曜どうでしょう ふじやん風にhappy01)

で、一体全体コイツは何かと申しますと、

  「ホウジャク」

という…

 …

 …

 …

  「蛾でしたぁ」 (←水曜どうでしょう 嬉野先生風に)

蛾をイッショウケンメイ追い掛け回して、撮って、騒いで、自慢していた自分crying

(注) ハチドリはアメリカ南部からアルゼンチンに生息していらっしゃるので、日本ではまずお目にかかることはないそうです。

2009年6月 6日 (土)

あ~まい 匂いにぃ 誘われた私は…

カブトムシsign03

今日の写真は、ちょいエグイ (カブトムシさんごめんなさいsweat01) ので、お食事中の方・心臓にご病気のある方などはお気をつけくださいcoldsweats01

で、写真に行く前に少しご説明…

昨年、職場の同僚から数匹のカブトムシをもらいましたgood そして盛りに盛りまくってsign02無事に産卵もしたのですが、気づけば卵は全滅の大惨事crying

その話しを同僚にすると、またまた幼虫をもらえることになり、2匹我が家にやってまいりましたhouse
その後、愛方さんの実家の畑で発見された超巨大幼虫「タケシ」が加わり、合計3匹が仲良く暮らしておりましたshine

 ↓

 ↓

 ↓

1
左側が「タケシ」です。

そして、真中の幼虫が最近茶色くなってきたので、しばらく注意しておりました。
昨日、飲み会から真夜中に帰ってきてcoldsweats01ふとケースを見ると、見事にサナギになられているではありませんかscissors

2
フツー土の中に「蛹室」を作るのですが、ご覧のとおり土の表面におります。大丈夫かなぁ…sweat01

3
メスですねhappy01

早く3匹とも、元気に成虫になってくださいましsign01

2007年2月10日 (土)

ソルちゃん♪

義兄の家に、ラブラドールの女子がいらっしゃいます。しかぁし!!コヤツが何度行っても吠えやがる(ToT)

今日も例外ではありませんでしたが、厳しい躾けの義兄(ご主人様です。)と私が仲良く話しているのを見て私のことを見直したのか、だんだん吠えなくなりました。最後には写真まで撮らしてくれる!?始末で… 良ぉ~く見たら結構可愛いかも。

Ml_ts380092
目線は完全に私の背後の「魚肉ソーセージ」です。なのでおとなしい…

Ml_ts380093_1
ソルちゃんアップ!! ソルちゃんの正式名称!?はソルティーだそうです(^_^;)

2006年9月10日 (日)

緑のモスラ!!

060910_141443 天気が良く、カペカペのお布団を干すには絶好の日和だった今日♪ 少しでも太陽があたるようにと、家のベランダのいい位置にお布団をかけました。そしてふと足もとを見ると… 緑のモニョモニョしたものが動いているではありませんか!!

「げっ!!」

一度は見なかったものとして部屋に戻りましたが、何故かその緑のモスラが気になりました。
 「あんなコンクリートの上では、ひからびちゃうだろうなぁ…」
そして私は決断したのです。
 「よし、草むらに逃がしてあげよう!!」
少し前、相模大野にナメクジさんを逃がしてあげたのに続き、昆虫嫌いの私の優しさが炸裂したのは今回で2度目になります。しかし、さすがに直に触ることはぜぇ~~~~ったい無理ですので、いらない紙ですくい上げようとしました。するとどうでしょう。この緑のモスラ、こともあろうに頭から赤いベロベロしたものを思いっきり突き出して、この優しさで満ち溢れた私を威嚇し始めました。ご存知の方も多いでしょうが、この赤いベロベロした角からは、何とも言えない独特の臭いがします。もう、そこらじゅうにこの臭いが充満して、あたりは大変なことになってしまいました(^ ^;)

一瞬殺意も芽生えましたが、どうにかこうにか草むらに放してあげることができました。きっといつか恩返しに来るでしょうね。って言うか来い!!

しかし何で今頃、アゲハチョウの幼虫?? これからさなぎになって羽化したら真冬だよ…

2006年8月29日 (火)

謎の巨大生物、相模原に現る!!

今日、久しぶりにコーナン相模原小山モールに行ってきました。午前中であったこともあり、店舗内がゆったりとした造りになっていることも手伝って、開店当初の大混雑がウソのように広々と静まり返っていました(^ ^;)

ところで、以前このコーナンの前を通ったときのことです。何と私は、謎の巨大生物の大襲撃に遭遇、相模原の、いや地球の存亡に関わる危機的状況に直面したのです!! そのとき、ジャーナリストの私(えっ!?いつから??)は、命の危険も顧みず、すかさず手持ちの携帯で写真を撮影することに成功しました!! そのときの決定的瞬間がこれです!!!!
060809_142038 謎の巨大生物は、モールの建物が高さ20m程度でしょうから、体長は推定40m、手足はなく2本の角が生え空中を浮遊していました。

なぁんて… 車で16号を走行中にふと右側の窓を見ると、べったりとナメクジさんが張り付いているではありませんかぁ!! 思わず運転中のハンドルを放し、思いっきりアクセルを踏み込んでしまいました。ホントに、私の存亡に関わる危機的状況でした。しかし、悲しいかなナメ様はいつまでも私の右側にいらっしゃり、挙句の果てにはウンコをされていました。

1時間ぐらいはいっしょにいたでしょうか。不思議なもので、だんだんと可愛く思えてきたこのナメ様ですが、自然に帰るのが一番と涙ながらに決意し、優しさに包まれながら相模大野の草むらにそっと放してあげました。

切ない夏の思い出です…

ウェブページ

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ