青梅線201系写真集

  • T19編成 クハ200-22
    私のサイト「Light memory of "Kokuden"」にアップできないままでいる写真たち(ただの私の怠慢ですが…)を、ここでちょっぴり公開します。

こまねこ

こまちゃんCMデビュー♪

  • カコナール2V顆粒

お気に入りブログ&サイト   (いろいろ)

にほんブログ村

カテゴリー「自然」の6件の記事

2009年6月 6日 (土)

あ~まい 匂いにぃ 誘われた私は…

カブトムシsign03

今日の写真は、ちょいエグイ (カブトムシさんごめんなさいsweat01) ので、お食事中の方・心臓にご病気のある方などはお気をつけくださいcoldsweats01

で、写真に行く前に少しご説明…

昨年、職場の同僚から数匹のカブトムシをもらいましたgood そして盛りに盛りまくってsign02無事に産卵もしたのですが、気づけば卵は全滅の大惨事crying

その話しを同僚にすると、またまた幼虫をもらえることになり、2匹我が家にやってまいりましたhouse
その後、愛方さんの実家の畑で発見された超巨大幼虫「タケシ」が加わり、合計3匹が仲良く暮らしておりましたshine

 ↓

 ↓

 ↓

1
左側が「タケシ」です。

そして、真中の幼虫が最近茶色くなってきたので、しばらく注意しておりました。
昨日、飲み会から真夜中に帰ってきてcoldsweats01ふとケースを見ると、見事にサナギになられているではありませんかscissors

2
フツー土の中に「蛹室」を作るのですが、ご覧のとおり土の表面におります。大丈夫かなぁ…sweat01

3
メスですねhappy01

早く3匹とも、元気に成虫になってくださいましsign01

2007年12月26日 (水)

火球再び!!

今日の17時49分頃、またまた相模原市上矢部で火球を見ました~!!
今回は車の運転中で、フロントガラスの左上に青白い明るい光を発見。その光は右下へスーっと流れて行きましたよ(^_^)v
こないだ見た火球と違い、跡は残らずに光る玉だけ流れるヤツ(大きな流れ星)でした。が、今回もかなり大きく明るかったです。方角は前回よりやや東よりの南東方向、時間にして3秒ぐらいでした。
この数週間で、二度も火球を眼にするなんて、人生の運全てを使い果たしたんでしょうか(ToT)それとも、ものすご~~い良いことがあるのかなぁ…?

2007年4月 4日 (水)

相模原の桜 part 2

今日は、相模原市大島の上大島キャンプ場にやってきました。

Ts380152
時折小雨が降る肌寒い天気でしたが、何名かの方が花見を楽しんでおられました。

Ts380151_1
今年の桜は、なかなか晴天に恵まれません(ToT) やっぱり抜けるような青空の下で見てみたいですね!!

Ts380153_1
ビバ!! ソメイヨシノ~~~~!!

2007年4月 2日 (月)

相模原の桜

今日、仕事の途中で相模原市役所のあたりを通りました。

少し肌寒く、黄砂混じりの小雨がそぼ降る中ではありましたが、それでも桜は見事に咲いておりましたよ!!

Ts380145_1
携帯のカメラですので、ボヤボヤ~~っとしてあんまりキレイじゃない(ToT)

Ts380147_3
画像はさておき…ホントいつ見ても、この桜のトンネルは美しいです!! 相模原で唯一の自慢(ToT)

桜を見て初めて「キレイやん!!」と思ったのは、はっきり覚えている限りでは小学校1年生の時だと思います。
その頃はまだ大阪の団地に住んでいて、家のすぐ近くにあった桜の木が生い茂る広場で、幼少の頃からホントによく遊んでいました。その広場は遊具も何もなく、普段は誰もいないただの林??でしかなかったんですね…。しかし!! 一年間のうちのほんの数日だけ、それはもう華やかで上品な輝きを放ち、団地中の人で大賑わいになりました。僕はその一瞬が大好きで、そしてちょっぴり寂しくなったのを覚えています。それからというもの、この桜の咲く数日間がやってくると、今はもう高層住宅と化してしまったその広場のことが思い出されます。

2007年2月17日 (土)

エロ大根

よく収穫期になると、ニュースの間つなぎぽい感じに、必ずと言っていいほど「やらしい形の野菜」の映像が流されますよね?? たいていの生産者は、何故だか神棚とかに飾っちゃったりします。そんなニュースを見て、「日本って平和♪」などと軽く流していました。

が…何と何と、私の職場にもその一品がやってきたのであります!!
↓    ↓    ↓    ↓    ↓
Ts380098_1
間違いなく男の子です。いや、成人男性!?
Ts3800981
「このアホ大根め!!」と大爆笑してしまいまた。

すみませんm(._.)m 私のブログ始まって以来のシモネタでした(^_^;)

2006年11月 5日 (日)

化石を採りに行きました!!

僕は、高校・大学と地学を専攻していたような気がします。そして化石の採取やら、挙句は「五日市の地層」という卒論を書いていたような気もします。
ある日そんな僕を頼って、友達は「化石を見つけたい。子どもに見せてやりたい。」と言ってきました。しかし悲しいかな、何百万円もかけて学んだことは前世の記憶。
「まぁ、何とかなるか!!」
何事もポジティブシンキングの僕は、何の段取りもしないまま、友達家族と五日市に化石を求めやってきてしまいました。

天気はポカポカ。11月とは思えない陽気は、絶好の化石日和です。

さてさて、我々はあきる野市留原あたりの川原に降り立ちました。しかぁし、いざ石ころを見て唖然…どれが堆積岩だかまったくわからないぃ~~っ!!
唯一、「黒くて柔らかいのが泥岩」と、とても専門分野に携わっていたとは思えない知識を振りかざし、とにかく黒くて柔らかい岩石を探しました。

岩石を割り始めて、どのぐらいの時間が経過したでしょうか。友達のお子さん2人(5歳と9歳)は、冷たい視線を通り越し、優しく包み込む眼差しで僕を見守っています。今割っているのが泥岩なのかという確証もないまま、ひたすら岩石を割り続けました。

そして… 神さまは、こんな哀れな僕を決して見放すことはありませんでした。パチンコ「冬のソナタ」、秋の天皇賞では神さまはどこかにお出かけされていたようですが…(号泣)

「ほら、あったょ!!!!」

かなり微妙な感じですが、紛れもなく化石を見つけることができました。産出状態は最悪ですが、とにもかくにも化石なんですよぉ~~!!

友達のお子さんも真剣に喜んでくれて、「大人はウソつき」というトラウマを与えずにすんでよかったよかった(^ ^;)

どうやら、我々がトンカチ振り回していたところは、新生代は新第三紀中新世(2300万年前から500万年前)の頃の地層、「小庄泥岩部層」と呼ばれているところだったようです。

P100000700

このあたりではブナやヤマモモなどの広葉樹やメタセコイアなどの針葉樹の化石が採集できるとのことでした。そして採集場所としては、比較的有名なポイントだったみたいですね。(事前に調べとけ~~!!) 
ちなみに、この悲惨な状態の化石は、葉の状態からしてメタセコイアだと思われまぁす。

最後に、僕はメタセコイアの暗記方法として…
寝台乗ってつんばい
 新第三期から第四期
になってやめてそこいや
裸子植物  メタセコイア
と覚えました。受験生諸君、活用してくれたまえ!!

ウェブページ

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ